最新イベント情報


三鷹の森アニメフェスタ2022・第20回インディーズアニメフェスタ

 

三鷹の森アニメフェスタ インディーズアニメフェスタでは、毎年、プロ・アマ、国内外を問わず広くインディーズ作品を募集。

3月にノミネート作品の上映とグランプリ・審査員賞・市民審査員賞の各賞を決定するとともに、

審査員とアニメーション制作者の交流会を開催してきました。 第20回となる本年度は、2022年3月6日(日)に三鷹市芸術文化センターにて上映会を予定していましたが、新型コロナ感染症拡大防止の観点から、

上映会を中止することといたしました。 このような経緯で今年度は、上映会に代わる発表の場として、期間限定でYouTubeでノミネート作品を公開させていただくことといたしました。


公式YouTubeチャンネルでノミネート作品公開は終了しました。


 



ノミネート作品紹介


シンセリアリティ

あるふぁ@

 

シンセリアリティは、「シンセリティ(誠実)」と「リアリティ(現実)」の造語で、「うまくいかない現実の中でも⾃分の想いに誠実に。」という意味を込めました。

 

SHARK ONGAESHI~シャーク・恩返し~

ウチダキヨキ(グラマーエンジェル危機弐発)

 

約3年前に地球人に助けてもらった恩義を返すために、地球に迫り来る宇宙ザメと戦い、そして、和解するまでを描いたシャーク・スペクタクル作品。

 

「創造的進化」

ソン ヨンソン

 

20世紀初期の芸術家たちは、変化を恐れず世界大戦時代を生き抜いて新しい芸術を開拓した。ベルクソンの著書「創造的進化」をタイトルに引用することで、彼らの創造性を称え、今を生きる私達にこの映画を捧げる。

「青い城」

河原 雪花

 

ワルシャワの川の底で人魚は青い城を集めている。誰かの夢である青い城は美しくも脆く、時間が経てば朽ち果て、ある時は破壊されてしまう。本作はポーランドのおとぎ話「ワルシャワの人魚」を元にしている。の人魚」を元にしている。 

「つむりん ふんころおやかたに おくりもの」

room 29-Q

 

球が転がったり仕掛けをかい潜る、ローリング ボール スカルプチュアの動く球自身に意思があったのならば、そこには見たことのないような物語が広がっているのではないか。

そのような発想から構想を広げた作品です。 

BLUE

何 唐冷植

 

記憶は海のように青い存在だ。その中で大切な思い出は、黄色の記憶の卵のようにメタモルフォーゼを繰り返し行っている。本作品は約一年間、自分の体験、記憶、幻想を組み合わせて 作った。作品は「海」「樹」「足跡」三つの部分がある。

「アノナツココナツ」

多田 文彦

 

作者が9年間アルバイトをしていたドーナツショップを舞台とした作品です。

実際働いていたので当時の写真や資料、記憶をもとにキッチンを描いています。

 

「メモリメモ」

比留間 未桜

 

己の記憶ほど信用できないものはないーー。

3分の尺の中で展開される、記憶をめぐる不思議なショートアニメ。

 

「LUNCHEON MAD」

羽生 空海

 

子供の頃、雲の形を見て食べ物を連想していたことから着想を得ました。

卓上フェス

ヤマダ ダイキ

 

Twitterで公開する目的の動画だったので、長尺よりは短尺で、 説明的にはせず如何に無駄を削ってシンプルに展開させるかを意識して作りました。

 

「おおきくなった恐竜」

シャノン

 

絶滅した恐竜の上に繁栄する人類と、過去の自分を否定して初めて成長していく少年とを重ねて描きました。アニメーションの連なりを一つのシーンとしてとらえられるように心がけました。

MARE

石田 たまき

 

毒ガスによって、汚染された世界で、海の絵を描くひとりの画家がいた。 なぜ彼は海を描くのか、この世界に何が起こったのか。 環境汚染と隔離された生活をテーマとした、私たちの遠くない未来の話。


ゲスト審査員


三上 浩司

( Mikami Koji )

東京工科大学メディア学部教授。日商岩井株式会社を経て株式会社エムケイにプロデューサーとして参加。

1998年に東京工科大学にて「クリエイティブ・ラボ」を設立。

現在はアニメやゲームの制作手法の研究開発と実証制作を行う。博士(政策メディア)

 

 

春日森 春木

( Kasugamori haruki )

アニメーション監督。CM制作会社でプロダクションマネジャーとして映像制作に携わった後、

2007年アニメ「猫ラーメン」を制作したことをきっかけにアニメーションの世界に入る。

短編ギャグアニメを中心に、様々な媒体に発信しつづけ、近年では「ドラゴン、家を買う。」を監督。

 

こぐま あつこ

( Koguma Atsuko )

アニメーション作家。グラフィックデザイナーを経てアニメーションの世界へ。

現在は、主にTV-CM、子ども向けの作品を様々な手法のアニメーションで制作。

アニメーター以外に、企画・脚本・監督・人形制作・イラストレーションなどでも活躍。日本アニメーション協会(JAA)理事

 

 

西岡 純一

( Nishioka Junichi )

1960年、熊本県生まれ。九州大学工学部を卒業後、外資系石油会社で勤務。1999年スタジオジブリへ入社し、広報・宣伝業務に携わる。

2011年から徳間記念アニメーション文化財団の事務局長、2017年から広報部部長を経て、2020年より広報・学芸担当スーパーバイザーとして後進の指導を行っている。徳間記念アニメーション文化財団評議員。